人気の高い無線LAN

Wifiの通信速度が遅くなる原因って

パソコンやスマートフォン・タブレットをWifiで繋いでいるけれど、通信速度が遅いと感じることがあるのではないでしょうか。

常時ではなく急に遅くなるケースもありますので、そんな時は原因を探って解決法を試みてみるのも有効です。一般的にWifiの通信速度が遅くなる要因には、「電波干渉」「ルーターの置き場所」「ルーター機器の不具合」などが挙げられます。その他にも「使用しているパソコン・スマートフォン側の設定」に問題があるケースもあります。

元々、Wifiは電波を使用した方式で通信しているため、有線LANに比べれば不安定になりやすいというデメリットを持っています。また電波干渉も起きやすく、例えば近隣などで多くの家庭が同時に使用していれば干渉がおきて速度が低下することもあります。置き場所も大切で他の電波の影響を受けやすいことから、ルーターの近くに電子レンジなどを置いている場合はどちらかの位置を変えるなどの対策が必要です。さらに、ルーターは常時電源が入っているため調子が悪くなることもあります。その場合はいったん電源をオフにしてリセットすることで改善されることが多いです。

ルーターには問題がないのに速度が落ちているケースに、接続しているパソコン側の設定によるものがありますが、具体的には「ファイアウォール」の設定などがあてはまります。その場合はセキュリティ設定を変えてみるなどの対処法を試してみても良いでしょう。自分の利用しているWifiの通信速度がどれくらいかを調べたいなら、計測アプリやサイトを利用する方法があります。SNSなのかネットサーフィンかによってそれぞれ適した速度というものがありますので、自分の環境ではどの程度の速度が必要か実際値と比較してみることも大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *