人気の高い無線LAN

Wifi通信速度の測定方法と改善方法とは

モバイル機器やノートPCでインターネットに接続する場合に、ほとんどの方は無線LAN(Wifi)を利用しています。

モバイルルーターやホームルーターでも無線LANを利用しますが、新たにサービスを利用した際に通信速度が遅いと感じるケースが少なくありません。速度が遅いと動画の視聴やデータのダウンロードに支障をきたす場合があるので、ネットの回線環境を調べておくことは大切です。Wifiの通信速度を測定する方法は簡単で、速度測定ができるサイトにアクセスするか専用のアプリをインストールして起動します。サイトにアクセスする方法が簡単で、ブラウザを起動して“回線速度”などのキーワードで検索をすれば簡単に見つけることができます。

大きな画面で快適に動画が視聴できる通信速度の目安は5Mbpsかそれ以上ですが、モバイル機器で解像度を低く設定すれば1Mbps程度でも問題はありません。速度が遅すぎてストリーミング動画の再生ができない場合は、Wifi接続の環境を改善する必要があります。Wifi通信速度を改善する方法はいくつかありますが、家庭内であればルーター(親機)と子機の間の障害物を取り除く方法が有効です。どうしても壁やドアなどに遮られてしまう場合には、中継器を設置することができます。

中継器を使用すれば、離れていたり障害物に遮られていても通信速度の低下を抑えることができるからです。使用する周波数帯によって、障害物による電波の反射や減衰量に違いがあります。端末によっては2.4GHz帯と5GHz帯の両方に対応しており、最初にWifiのパスワードを入力する際に両方のチャンネルで登録する方法もあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *