人気の高い無線LAN

Wifiに接続している時通信速度が遅くなる原因

インターネットを快適に楽しむには、通信速度がとても重要になってきます。

自分が接続している速度がどれくらいかを知るためには、回線速度チェッカーを使用するといいでしょう。家でパソコンやスマートフォン、ゲーム機器やタブレット端末などをつなぐためには、Wifiルーターが必要になりますが、いろんな原因で通信速度が遅くなることがあります。よくある原因として、Wifiルーターの置く位置が悪いことが多いです。

障害物があると電波をスムーズに受信できないので、いろんな場所に置いてみて最適な場所を探してください。Wifiルーターの親機と子機が離れすぎている場合や、鉄筋やドアなどに電波を遮られて通信速度が遅くなることもあるので、置いてある部屋の構造を確認することも大事です。Wifiルーターに同時に複数の端末を接続している場合も、通信速度が遅くなる原因なります。ルーターには接続できる台数が決まっているので、多くの端末を同時に接続してしまうと、回線が混雑して速度が遅くなることが多いです。

使っていない端末がある場合、ルーターに接続しない設定にするといいでしょう。すべての端末を使っている場合は、上限数の多い物に替えるか、もう一台増設することが大切です。電子レンジやコードレスの電話機をWifiルーターの近くに置いている場合は、電波干渉をおこして通信速度が遅くなることもあります。ルーターを電波干渉が起きやすい電気器具から離したり、周波数を変更することで改善することも可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *