仕事の種類によっては、作業服だけでなくその上に防寒着が必要になる場合があります。作業着の場合、四季を通じて同じ場合が多いため、冬には防寒着を別に用意する必要ことが必要です。この場合、作業服の上に防寒着を羽織る必要があるため、通常の場合、自分の普段のサイズよりも1ランク上のサイズを選びましょう。場合によっては2ランク上のサイズが必要になるかもしれません。

たとえば、Mサイズの人はLサイズを選択、又はLLサイズを選択する必要があります。又、防寒着が作業服の機能を持ったものであればいいのですが、作業に適していない場合もありますので、注意が必要です。作業服と同様に、袖がキチンとつまっていて、作業上問題ない物を選択する必要があります。腰以上に長いものは安全性に問題があるため選択しないでください。

色があまりにもカラフルすぎる物も、作業着の上から着る防寒着としては不適切でしょう。寒さを防いで、快適に作業ができるようにすることが重要ですが、そのために安全性を損なってはなりません。設備にそで口が挟まって事故となることも考えられます。燃えやすい素材だった場合、オーブンなどから引火すると危険です。

形と素材には充分に注意を払って選んでください。動きやすいかどうかも重要なポイントです。作業性を損なってはどうにもなりません。又、同じ職場で何名も働いている場合、全員の意見を考慮してできるだけ同じ色や形に統一したほうがいいでしょう。

最近は違うかもしれませんが、日本人は仲間意識が強いので、できるだけ周りと同じタイプを好むようです。そのほうが、不公平感が無くて賛同を得られます。新潟駅で洋服お直しのことならこちら