小紋柄のネクタイといえば、地色と小紋の渋めの色合いでまとめたものが主流です。これはクラシックにまとめることができますが、季節的に夏に向かう場合には胸元が重苦しくなってしまう可能性があります。たまには目先を変えて小紋にカラフルな色をさしたネクタイを締めてみるのもよく、無地やストライプタイでは躊躇するような派手ないりも面積の狭い小紋であれば、ほのかな彩りとなり装いにさりげないアクセントをつけたいときに最適です。小粋にして軽快感を出したり、さわやかさの演出にも向いています。

派手な柄のネクタイをうまくなじませるには、使われている色のうち1色をシャツに拾うとまとまります。ぴったりと色を揃えなくても同色系で大丈夫です。小紋まわりが白の縁取りなら白シャツとリンクさせるだけで、さわやかで程よく知性を感じさせるスタイルとなり、グレーのスーツとの相性もいいです。いつも無難なソリッドタイプばかりの人は、さし色の小紋スタイルでイメージチェンジができます。

また、一見派手でもプリントによる小ぶりの小紋ネクタイはヴィンテージな趣を醸成し、旬度の高い胸元を築けます。裏地なしの軽やかな仕立てのタイプなら、まるでスカーフのような締め心地で、コンパクトなノットを築くことが可能です。小紋ネクタイのベースがネイビーなら、ライトグレーのスーツの清涼感をいっそう引き立てることができます。合わせるシャツは白でもいいですが、小紋の色から拾ったカラーシャツでも問題ありません。