最初に考えるべきことは自分の作業の状態です。